Event is FINISHED

漱石Bar 『こころ』を読む−若松英輔さんを囲んで−

Description
ゲスト:若松英輔さん(批評家・随筆家)
ワンドリンク付き(こだわりのコーヒーやノンアルコール有り)・定員15名の超少人数制

1日限定の漱石Barが神楽坂にオープン。若松さんを囲んで漱石『こころ』を語り合おう!
始めに若松さんに60分ほどお話いただき、参加者の皆さまからもご意見をお伺いします。
※若松さんの書籍をご持参いただいた方には、サインもしていただけます。

【内容】
漱石作品のなかで、もっとも多くの人に読まれている『こころ』。
ゲストには、この数年『こころ』を読んでいるという批評家の若松英輔さんをお招きします。

1日限定の漱石Barで、若松さんのお話をじっくり伺う会を企画しました。
参加者の皆さまからもご意見をお聞きできればと思っています。
漱石をテーマにしたドリンクとともに、一緒に『こころ』や漱石について語り合いましょう。

【関連イベント】
3/24(日)茂木健一郎さんトーク「漱石のある人生−100年読まれ続ける魅力に迫る-」
会場:新宿区立漱石山房記念館
申込は以下より
https://soseki0324.peatix.com

【Peatixではなく、直接申込(参加費会場支払い)をされたい方】
jo.hashiguchi@gmail.com
まで、「氏名」「生年月日」「ご住所」「電話番号」をご記入の上、「3/23若松英輔さんトーク参加希望」とご記入のうえ、メールを送付ください。なお、当申込方法での場合、当日欠席の場合でも参加費をご請求させていただきますのでご了承ください。ご記入いただいたお電話番号に参加意思の確認をさせていただくことがあります。

【注意】
大変恐れ入りますが、料金お支払い後のキャンセルはできませんのでご了承ください。
受付時間17:40〜18:00(開演18:00〜)
受付でお名前をお知らせください。
本イベント終了後も、引き続き漱石Barをお楽しみください!

【若松英輔さんプロフィール】
批評家・随筆家。東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授。1968 年生まれ、慶應義塾大学文学部仏文科卒業。2007 年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて三田文学新人賞、2016年『叡知の詩学 小林秀雄と井筒俊彦』にて西脇順三郎学術賞、2018年『詩集 見えない涙』にて第33回詩歌文学館賞を受賞、『小林秀雄 美しい花』にて第16回角川財団学芸賞受賞。著書に『井筒俊彦 叡知の哲学』(慶應義塾大学出版会)、『イエス伝』(中央公論新社)、『魂にふれる 大震災と、生きている死者』(トランスビュー)、『悲しみの秘義』(ナナロク社)、『詩集 燃える水滴』(亜紀書房)ほか多数。

【個人情報について】
申込にご記入いただいきました個人情報は、当イベントに関するご連絡以外に使用しません。また、イベント終了後は、速やかに個人情報を削除いたします。
Sat Mar 23, 2019
6:00 PM - 7:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット(ワンドリンク付き) SOLD OUT ¥3,600
Venue Address
新宿区神楽坂3丁目6 5F THE ROOM神楽坂 Japan
Organizer
Life with Soseki (第4回「本のフェス」)
59 Followers
Attendees
13